• home >
  • スポンサー広告 >
  • 音楽は言葉を使わないからこそ・・・~娘の発表会で気付かされたこと~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FaceBook や Mixiなどでも発信しています! 共感していただいたらぽちっとクリックおねがいします♪byふわママ

base12.gif  
  • home >
  • 家族時間 >
  • 音楽は言葉を使わないからこそ・・・~娘の発表会で気付かされたこと~

音楽は言葉を使わないからこそ・・・~娘の発表会で気付かされたこと~

先日、
娘の発表会がありましました。

思い返すと、ピアノは正直やめさせたいなと
思うこともありました。

ある日娘が「発表会では全部弾けないかもしれません。」先生に言われたそうです。
そこで私は先生にお電話で確認してみました。
「曲はその作曲者が思いを込めた曲ですよね。最後まで弾かないとその作曲者のストーリーが伝えられないですよね。なんとか最後まで弾けるようにもっていくというわけにはできませんでしょうか」と。

先生ののお言葉は次のようでした。
「もちろん最後まで弾けることが理想です。そうさせてあげたいです。
ですが、それに前々からお母様にもお伝えしていますが、娘さんの音、とてもきれいなんです。
その音を大事にしたいんです。お母様お気づきになりませんか?
その綺麗な音を大事にしていきたいのです。」
とおっしゃるのです。


正直うちでは弾き方も荒いし、怒ってかりだし。
母からしたら、娘のピアノ練習時間はストレスの塊( ̄^ ̄)
というより練習しなさいということがストレス。

けれど、多くの生徒さんを見てきた先生が
「娘さんの音がとてもきれいだから、わたしどうしても期待してしまうんです。」
そうおっしゃった響きが、あまりにまっすぐで優しく伝わりました。
けれど、期待してくださるのなら、最後まで弾かせてあげるようにするのが先生のお役目なのでは・・・?と。


それでもなにか先生の想いがおありだったようなので、「わかりました。娘のやりたい気持ちを尊重させます。」
と申しあげました。
しかし本当にその意味はわからないできました。



発表会ののプログラムでは、かわいらしい小さい子も沢山入ってきましたが
とてもお上手で感心するばかり。
まだ始めて日が浅い子も娘より難関な曲を弾いたりして
どの子もこの日のために頑張ったんだなと。
努力されてきたことへ、すばらしいなぁと本当に感心させられ子供の力はすごいなぁと感動しました。



そしてうちの娘の曲・・・。
むすめは2年前の発表会も緊張どころかとっても楽しかったようで、
やはり今回もとってもわくわくしていたようです。

ところが・・やっちゃいました(;´д`)
1オクターブ下から弾きはじめてしまった!!!

タイトルが”小さなくろんぼ”という曲なのですが、まるで”大きいクロンボ”です。(笑)


ところが、そんなアクシデントでも娘は慌てる母とは違い、やはり楽しそうに
戸惑うこともなく、途中からいつもの音階に戻り、いつも以上に楽しそうに演奏していました。

そしてなにより嬉しかったのが、先生がおっしゃってくださった「音」の意味。
伝わりました。
くろんぼさんが、飛んだり跳ねたりするような情景がとっても伝わってきて
音にとっても深みを感じました。
技術的には背伸びした曲ではないと思います。
その曲を押さえつけてさせようとしなかった先生の思いもわかったような気がしました。


弾き終わったときのお辞儀した顔が本当ににこやかで
「あーほんとうにステージを楽しんでいるな」と心が暖かくなりました。


私はピアノの発表会は緊張しっぱなしで、お辞儀でもあんなに嬉しそうにしたことは一度もないし、
上手に引かなくちゃ!の「must」の想いが一杯でした。
けれど、娘は自分が一番楽しんでいました。
実際「とっても楽しかった~!」という感想でした。


発表会はピアノ以外に、ヴァイオリンと、ヴィオラ・チェロの演奏があり、
最後には先生の三部合奏もありました。


その演奏の最後に、
代表として娘の先生のご挨拶がありました。


この度は東日本大震災があり、
その中でもこうしてこの会を
とり行うことができたことに感謝を。
そして、音楽は言葉を使わない。
だからこそ表現できる、
心に伝えられることがある。
音楽はだから素晴らしいんです。

そんな音楽の素晴らしさを
これからも生徒さんに
お伝えしていきたいと思います。



との内容でした。


涙が出ました。
先生がおっしゃりたかったことはこれだったのかと・・・。

音楽の素晴らしさはわかっています。
わかっているのに、親として習ううえでこうあってほしい、
こうあるべき!という気持ちでいすぎたことに気付きました。
一番大事なことを私はもしかしたら娘にはそうさせていなかったのかも・・。


音大を目指しているような方にはそんな生易しい思いは
通用しない内容なのかもしれません。
ただ、うちの娘には感性をより伸ばしてあげたくて
始めたピアノです。


「ピアノじやなくても音楽をしてであればいいの!」とピアノにこだわっていない娘。
それでもピアノは好きなんだそうです。
そのやる気が中途半端に思える娘をやはり母としては、
型にはめようとしていたんだろうな。
型にはめることより、この子は感性を伸ばすことなんだと頭でわかっていたのにやはり親って駄目ですね。



それでも先生はその型にはめないように、娘の楽しく弾く想いを尊重してくださったのでしょう。
母よりよほど娘の良さをわかってくださっていた。
娘の響きに感動した私がいました。
主人も同じ思いで聞いていたそうです。
あまりそんなことを言わないパパが「音がとっても綺麗でとってもうれしかった」と娘に伝えていました。


最後に先生へご挨拶に行きました。
「やっちゃいましたね(笑)」と私。でもその思いはそれでもよくやったと・・。
「これでいいんです・・・」

先生の笑顔は、あの電話口でおっしゃられたことの答えですという
とても達成感に満ちた、優しいまなざしで娘に
「これが娘さんの響きですよ。お母様おわかりになりましたでしょう・・?」とおっしゃって下さりました。
娘の良さを見つけて下さり、先生には感謝です・・・。



音楽は理屈じゃない。
技術なしには表現できないけど、
やっぱり彼女の感性を大切にしていきたい。

この子の自分らしい表現の場所として、
彼女には彼女なりにゆっくりゆっくり・・
そして楽しく音楽と接していってほしい。
これからも温かく見守っていきたいな~と思います。




いつも応援ありがとうございます。
こちらもポチっとしてくださると嬉しいです。音符
     ↓



スポンサーサイト
FaceBook や Mixiなどでも発信しています! 共感していただいたらぽちっとクリックおねがいします♪byふわママ

base12.gif  

テーマ:育児生活 ママの日記 - ジャンル:育児

タグ:自分らしさ 表現 その子らしい ピアノ 発表会

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

Category

検索

メルマガ登録

ふわふわからふるらいふ通信
毎日の何気ない暮らしが楽しくなる通信♪
空メール登録は こちら

体動かし隊!マガジン
日々の暮らしから体を動かすことを意識できるマガジン
空メール登録は こちら

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

応援してね♪

共感していただいたらクリックを!

FC2Blog Ranking

プロフィール

*ふわママ*

Author:*ふわママ*
*(株)トラストボールアプリシエイト代表取締役
*ふわふわの森cafe店長
*青空court・体動かし隊!マネージャー
*ライトプラクティショナー(光と香のセラピー)
「子供の未来のために子供たちを守る!」をコンセプトに体動かし隊長!と活動中。詳しくはブログ紹介を♪

お知らせ

ブロとも申請フォーム

QRコードメーカー



by ajaxblogparts


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。